カズシン・ブログ

不動産業界20年を越えて この経験に基づく~物件論

鶯谷(うぐいすだに)の街へよく行きました

2018.12.02

東京に住んでいる人は、JR山手線に乗って、「鶯谷」駅で降りたことはないかもしれませんが、電車の中から見える一帯のラブホテルの外観や屋上看板、袖看板などに驚いたことはあるのではないでしょうか。

そのラブホテル街「鶯谷(うぐいすだに)」の夜をご存知でしょうか。

昼でもそうなのですが、夜になると一層、独特な感じが強まります。

そんな街の深夜、そのあたりを歩いたり、近くでお酒を飲んだりしていました。

 

だんだん「鶯谷」という街がわかってきました。

やはり、風俗が際立つ街だと言わざるを得ないです。

いわゆるデリヘルの女性たちが、ミニスカートや胸元を露出した洋服で、あちらのホテルこちらのホテルへ出入りしています。女の子の仕事が終わると、道路には迎えの車が待っています。

 

ラブホテルに関わるようになった約15年前、初めて「鶯谷」の駅で降りて、ホテル街を歩いた時の衝撃は相当なものでした。

それから月日は流れましたが、「鶯谷」のことをいっぱい知りたくて、鶯谷によく行っていたことがあります。

私が見落としている何かがあるのではないかと気になって。

結論としては、どうだったでしょうか。

見落としている何かはあったのでしょうか。新しい何かは発見できたのでしょうか。

答えは、「今はまだ秘密」です。

鶯谷でホテルを経営されているオーナー様

このブログを読まれている方がおられましたら、ホテルのことで何かありましたら、是非、弊社にお声かけください。

安心してご相談ください。

カズシン株式会社

代表取締役 山内和美