カズシン・ブログ

不動産業界20年を越えて この経験に基づく~物件論

ラブホテル密集の街 JR山手線 鶯谷(うぐいすだに)

2018.12.04

先日、鶯谷(うぐいすだに)のことをブログに書きました。

鶯谷は私にとって気になる街のため、これからも時に書くことになるかもしれません。

さて、早速ですが、今回も書きます。

鶯谷の朝。周辺に住む会社員やOLさんたちが足早に、ホテル街の脇を抜けて、駅へと急ぎます。

鶯谷の夕方。帰宅する会社員やOLさんたちがホテル街の脇を抜けて自宅へと向かいます。

鶯谷のホテル街は鶯谷駅を出て、眼前に、一面に広がり密集しています。

周辺の住民も風俗利用の男性や風俗を生業にされている女性も、電車に乗る際は、鶯谷駅を利用します。

駅の改札には、女性と待ち合わせをしている男性たちの姿が見られます。直接ホテルへ向かう女性の姿もあちこちで見られます。

鶯谷駅の周辺には、いろいろな方が歩いています。

近くにお住まいの風俗の関係ではない住民の姿も見られます。

私も周辺を歩いていました。朝のこともあれば、日中のこともあり、夜遅くのこともありました。

とくに深夜一人で歩いていると、男性に声をかけられることが何度かありました。

年齢からいってもさすがにもう声をかけられる対象ではないだろうと思っておりましたが、そんなわけでもなかったようです。夜の「夜目(よめ)」のためか(細かいところまで見えないので)、誰彼構わずの主義の人がいるのか。何度かそういうことがあってからは、雰囲気的に声をかけられそうと感じたら、ダッシュで走って逃げたこともありました。

1万円札を何枚か目の前で見せられたこともあります。その場を離れようとしても付いてきたりするので油断ができません。

夜遅く、女性がホテルのあたりを歩いているということは、勘違いされても仕方ないのでしょうか。私にとっては、興味深い探索であり新しい発見への近道であったのですが。声をかける側からすれば有り得ないということなのでしょう。

私の行動は時として、勘違いされることがあるのでしょう。興味を持つと、知りたくて動いてしまいます。その自分の姿は他人から見れば、勘違いではなく、「そのもの(声をかけてもらうために歩いている)」なのかもしれないですね。自分にとっては、そんなつもりはなくても。

そう言えば、昔、初めての職業(編集者)で、当時の上司に、「自分が人からどう見られているか、そういう視点で自分をみるように」(正確な言葉とは少し違っていると思いますが)とアドバイスされた記憶があります。

人(他人)から誤解されるところがあるので、注意して直してあげようと思った親心のようなものだったのでしょう。あれから、25年。相変わらず、誤解(?)される行動をとっていることについて、あの時のアドバイスをもう1度噛みしめて、これからは身を正していきたい思いです。自分視点ではなく他者からの視点を持つことは、身の安全および自分自身のために必要なところであると、この年齢になって、ようやく経験から気が付いてきているといえるのでしょうか。

歩いてみて、自分なりに、わかってきたところがあります。

私の場合、「まずやってみて」実践してみて、ある時「わかった」納得したという傾向があるようです。

世の中の方の多くはおよそ最初からわかっていること(だから、あえて「やって」みたりしない)なのに、私は、自分の中でしっかり「わかった」と思いたい、自分なりにやってみないことには納得感がない、というところがあるのでしょう。

だから、「わかった」と思ったら、そこがターニングポイント。自分なりにわかったことを力に、これからは、また別の角度から鶯谷の「何か」をわかっていきたいと思います。

鶯谷は有数の東京のラブホテル街です。今後の変化も含めて、気になります。

 

カズシン株式会社

代表取締役 山内和美