カズシン・ブログ

不動産業界20年を越えて この経験に基づく~物件論

点と点を結んで線になる~不動産仲介業

2018.09.05

不動産の売買仲介業は、一般的なところでの物を売る仕事とは、置かれる状況が異なっています。

「売主」と「買主」の間に立つことで経験する諸々の事態に、他人事が自分事として降りかかりながらも、冷静に対処しなくてはならない状況、それが不動産仲介人の置かれる状況と言えるでしょう。

売主様の「点・」と買主様の「点・」の交わる線をフリーハンドで自由自在に、しかし正確に描いていける、それが仲介人に求められる技能(スキル)ではないかと思われます。

考えられることはすべて考え尽くした、頭の中の一杯の知識を取り出して組み立てようと考えた、やれることは全部やった…それでもうまくいかない…困ったことが起こった…なんとかしようとがんばった…それでも、どんなにがんばってみてもうまくいかなかった…あきらめなかった…あきらめないと自分に言い聞かせる…あきらめない

そんな繰り返しの末に、奇跡のような一つの成約。仲介人が誇れる唯一の時、努力が報われる有り難い時間。

自分が「売主」と「買主」の間のどの位置に立てばいいのか、いつも無意識ながら距離を測りながら、少しずつ、かつ懸命に、物事の行く末を見据えながら話や双方の思いを詰めていく、売り買いの重りの重さを測っていく、そういう作業が不動産仲介人として、私自身が感じている仕事のイメージです。

線をどう描くのか、線のどこにいるのか、その線の太さや細さや、色や濃さや、柔らかいのかきついのか、一つ一つの案件(物件)がハンドメイドの職人技。

不動産仲介業は、だから、一つ一つが大変で、でもとても繊細な職人の技だとも言えるのではないでしょうか。

経験が大きな意味をもつ職業の一つだと思います。

長い道のり、あきらめないで前進できる人であれば、いつまでも飽きずに続けられる仕事ではないでしょうか。

さて、私は今どの道のりにいるのでしょうか。

カズシン株式会社

代表取締役 山内和美